オズボーン英財務相:市場金利低下が景気を刺激-歳出削減の効果強調

オズボーン英財務相は、低金利を 維持するため歳出を削減することが英経済の成長を持続させる最良の 方法だと述べた。同相は、第2次大戦後で最も厳しい予算の縮小に向 けた地ならしを進めている。

オズボーン財務相はロンドンでブルームバーグテレビジョンのイ ンタビューに応じ、「財政政策による景気刺激が多く語られているが、 金融政策による刺激策を忘れるべきではない。市場金利は大きく低下 しており、それが英経済に効果をもたらしている」と強調した。

キャメロン首相の保守党率いる連立政権は、10月20日の予算削 減計画の発表に向けて準備を進めており、大半の省庁で予算は25%カ ットされる見通し。学校の建設計画中止に関しては既に抗議の声が上 がっているが、閣僚らは労働党前政権に責任を負わせようとしている。

オズボーン財務相は、3月までの1年間に国内総生産(GDP) の11%に達した戦後最悪の財政赤字をほとんど除去したい考え。連立 政権が発足して以来、10年物英国債利回りは82ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)低下し3.06%となっている。

同財務相はインタビュー前に行ったロンドンでの講演で「われわ れが予算で取った行動は、信頼感の喪失と市場金利の急上昇という景 気回復に対する最大の下振れリスクを取り除いた」との見解を示して いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE