カナダ・ドル:上昇、世界的な株高とポタシュへの買収提案で

17日の外国為替市場でカナダ・ ドルは主要16通貨に対し全面高。世界的な株価上昇に加え、世界最 大の肥料メーカー、カナダのポタシュが390億ドル(約3兆3370 億円)相当の買収提案を受けたことから、成長と関連性の高い資産 に対する需要が高まった。

カナダ・ドルは、同国最大の輸出品である原油価格が一時、1 バレル当たり76ドルを上回るなか、対米ドルでは7月22日以来の 大幅な上げとなった。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時29分(日本時間18日午 前5時29分)現在、1米ドル=1.0330カナダ・ドル(1カナダ・ド ル= 0.9681米ドル)。一時、前日比1.2%高の1.0309カナダ・ドル を付けた。前日の終値は1.0434カナダ・ドルで、12日には1.0494 カナダ・ドルと、3週間ぶりの安値を付けていた。

カナダ国債市場で10年物国債(表面利率3.5%、2020年6月償 還) 利回りは、4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 して2.96%。価格は31セント安の104.60カナダ・ドルだった。前 日の利回りは一時2.92%と、日中ベースの取引としては2009年4 月23日以来の低水準を付けていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE