ソロス・ファンド:ペトロブラス全保有株を放出-大型株式発行を前に

資産家ジョージ・ソロス氏のヘッジ ファンド、ソロス・ファンド・マネジメントは4-6月(第2四半期) に、最大保有銘柄だったブラジル石油公社(ペトロブラス)の保有株を すべて売却した。ペトロブラスは250億ドル(約2兆1300億円)相当 の株式発行を計画している。

250億ドルを運用するソロス・ファンドは第2四半期にペトロブラ スの普通株に代わる米国預託証券(ADR)を910万ADRと、優先株 に相当するADRを588万ADR売却した。米証券取引委員会(SEC) への届け出で16日に明らかにした。

ペトロブラスの優先株は第2四半期に24%下落。同社が9月に計画 している株式発行で利益が希薄化されるとの見方が背景にある。ソリド ゥス・ブローカレッジで10億ブラジル・レアルの運用に携わるデボラ・ モルシュ氏は、ペトロブラスは国内原油の90%を沖合油田で生産してお り、メキシコ湾の原油流出事故をきっかけに安全性をめぐる懸念も高ま ったと指摘。

モルシュ氏は、「誰もが先行き不透明感を強めている」と述べ、 「投資家はペトロブラスの株式発行が終わってから買いを再開すべきか 見極めたいと考えている」と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE