NY銅先物:1週間ぶり高値-ドル安で需要高まる

17日のニューヨーク銅先物相場は 続伸し、1週間ぶりの高値を付けた。ドル安で代替資産に対する需要 が高まった。

主要6通貨のバスケットに対するドル指数は続落。一時は0.6% 安まで値下がりした。ロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅 在庫が昨年11月13日以来の低水準となったことも銅の上昇を支援し た。世界経済に減速の兆候が表れる中、銅相場は4月1日以降6.3% 下落している。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズのヘッドディ ーラー、フランク・マギー氏(シカゴ在勤)は「銅相場はドルを手掛 かりに動いている」と述べ、「需要が落ち込んだようにはまだ見えない という事実を踏まえて、工業用金属は幾分安定しつつある」と指摘し た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限は、前日比5.8セント(1.8%)高の1ポンド=3.3585ドル で終了。一時は3.371ドルと、中心限月としては9日以来の高値を付 けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE