グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場ではハンセン指数が続伸。不動産開発株が上昇を けん引した。香港当局が住宅価格抑制の新たな措置を公表してから 初の土地入札の結果がアナリスト予想を上回ったことが安心感を 生んだ。

不動産開発のサイノ・ランド(信和置業、83 HK)は3.6%高。 ニューワールド・デベロップメント(新世界発展、17 HK)は1.7% 高。自動車や食品などの販売を手掛ける大昌行集団(1828 HK)は 11%高。増益決算が好感された。

中国最大のセメントメーカー、安徽海螺水泥(914 HK)は1.3% 高。1-6月(上期)決算が39%増益になったと発表した。一方 で、香料製造・販売の華宝国際控股(336 HK)は5.5%安。クレ ディ・スイス・グループが同社株式の投資判断を「アウトパフォー ム」から「ニュートラル(中立)」に引き下げた。

アンプル・キャピタルの資産運用ディレクター、アレックス・ ウォン氏は「株式相場には予想より弾力性がある」とし、「不動産 株はショートカバー(買い戻し)のため反発する可能性がある。現 在の相場水準では、香港の小売株と輸出関連株に買いを入れたい」 と話した。

ハンセン指数は前日比25.31ポイント(0.1%)高の

21137.43。指数を構成する43銘柄のうち、上昇が18銘柄、下落 が20銘柄、5銘柄が変わらずだった。ハンセン中国企業株(H株) 指数は0.2%高の11754.63。

【中国株式市況】

中国株式相場は3営業日続伸。消費関連銘柄や工業株を中心に 値上がりした。6月の同国景気先行指数の上昇と7月の対中直接投 資の増加が支えになった。

家電小売りの蘇寧電器(002024 CH)は4.6%高。2008年3 月以来の高値となった。日本の家電量販店ラオックスへの出資比率 引き上げ計画を示したことが材料となった。出版社の安徽新華伝媒 (601801 CH)は7.1%高と、7カ月ぶりの大幅高。政府が芸術・ 文化関連企業の改革を加速するとの国営新華社通信の報道が好感 された。メディア産業を対象とした投資会社、華聞傳媒投資 (000793 CH)は5.8%上昇した。

建設機械メーカーの三一重工(600031 CH)は6.7%高。ゴ ールドマン・サックス・グループが同銘柄の投資判断を引き上げた。 一方、中国2位の海運グループの一部門である中海発展(600026 CH)は1%安。前日は9%高と急騰しており、上昇は行き過ぎとの 見方が広がった。

上海明河投資管理のファンドマネジャー、張翎氏は「市場は小 休止を必要としている。1-6月(上期)決算は良好だが、一部の 投資家は依然として景気の強さに懸念を抱いている」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連 動する上海総合指数は前日比10.19ポイント(0.4%)高の

2671.89。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は 同0.7%高の2942.29。

【インド株式市況】

インド株式市場では、下落した銘柄が多かったものの、指標の センセックス30種株価指数は前日からほぼ変わらずとなった。

住宅金融でインド最大手のハウジング・デベロップメント・フ ァイナンス(HDFC)は1.2%上昇。傘下のHDFCベンチャー・ ファンズがロドハ・デベロッパーズから117階建ての不動産の権 益10%を取得したと、同国紙エコノミック・タイムズが報じたこ とが手掛かり。

一方、産銅で国内最大のスターライト・インダストリーズは

0.8%下げた。中国の調査機関、北京安泰科信息が同国の今年の銅 消費量は需要後退により鈍化する公算があるとの見通しを示した ことが売りにつながった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は18048.85と、前 日からほぼ変わらずで終了。この日の取引は方向感のない展開に終 始した。スターライト(STLT IN)終値は158.80ルピー。HD FC(HDFC IN)は3008.95ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比38.5ポイント(0.9%)高の4477.0。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比11.72ポイント(0.7%)高の

1755.03。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比10.13ポイント(0.1%)安の7931.09。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比10.15ポイント(0.4%)安の2923.36。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比7.89ポイン ト(0.6%)高の1378.47。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比5.23ポイント(0.6%)高の865.78。

【インドネシア株式市況】

17日のインドネシア株式市場は独立記念日の祝日で休場。取 引は18日に再開される。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比22.58ポイント(0.7%)高の

3502.25。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE