中国人民元:反発、6月来の大幅高-人民銀が相場変動容認との観測

中国人民元は17日、6営業日ぶり に反発し、6月以来の大きな上昇率となった。中国人民銀行(中央銀 行)が投機的資金の流入阻止のため双方向への相場変動を望んでいる との観測が背景。

人民銀貨幣政策委員会の夏斌氏は、13日付の人民日報(海外版) のインタビューで、柔軟性拡大が元上昇期待の低下につながるとの見 方を示した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元の現 物相場は上海時間午後5時半(日本時間同6時半)現在、前日比0.24% 高の1ドル=6.7921元と、6月30日以来の大幅な上昇率。

1年物の元先物(ノンデリバラブル・フォワード、NDF)は前 日比0.29%高の1ドル=6.6755元。先物は今後1年で現物が1.8%上 昇するとの予想を織り込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE