レーダーに特定できない何か、ホルムズで破損タンカー周辺

商船三井の原油タンカーが7月に ホルムズ海峡で何らかの衝撃を受けて破損した問題で、その周辺で特 定できない何かがレーダーに映っていることが17日、分かった。国土 交通省関係者によると、船の可能性もあり、原因究明を進めている。

タンカー周辺では不審な動きをする小型船がレーダーに映ってい たと、NHKが先に報じた。この小型船が接近し、高速で遠ざかった 直後にタンカーが衝撃を受けたことから、国交省は攻撃を受けた可能 もあるとみて分析を進めているという。

前原誠司国土交通相は10日の閣議後会見で、現地で採取したサン プルについて爆発物の残留物の有無を警察庁・科学警察研究所で確認 する科学分析と、海洋技術安全研究所で航海記録の分析を行っている ことを明らかにしていた。

国交省は事故原因究明のため、18日に第1回のタンカー事故調査 委員会を開催する。防衛省、外務省、警察庁などの関係省庁や、大学 教授などの専門家が参加し、会議は非公開の方針。

国交省海事局・安全環境政策課の大西泰史氏は、この委員会につ いて「複数回開催される予定で、18日に何らかの結論が出るとは考え にくい」と述べ、「タンカー事故原因はこれから検証されるのであり、 現時点では何も明らかになっていない」とコメントした。

国際テロ組織アルカイダ系のイスラム武装グループ「アブドラ・ アザム旅団」は、メンバーが商船三井のタンカーに対してホルムズ海 峡で自爆テロ攻撃を加えたとの犯行声明を出したと、武装組織のウェ ブサイトをモニターしているSITEインテリジェンス・グループが 3日明らかにした。

--取材協力:クリス・クーパー Editor:Hideki Asai、Takeshi Awaji

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松田 潔社 Kiyotaka Matsuda

+813-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Neil Denslow

+85-2-2977-6639 ndenslow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE