中国B株は一段高へ、A株との統合の可能性を受けて-CICC

中国の外貨建てB株は一段高とな る可能性があると、中国国際金融(CICC)が指摘した。上海市場で は外国企業の株式を取引する市場(国際板)が創設される見込みだが、 それに先立って、人民元建てA株と外貨建てB株の統合をめぐる観測が 広がっている。

上海B株指数は過去1年間に31%上昇した。同指数は米ドル建て で取引され、海外投資家だけを対象に上海市場上場の中国企業の株式 (B株)で構成されている。これに対し、上海A株指数は同期間に

7.4%低下している。上海市金融サービス弁公室の方星海主任は7月8 日、中国当局は外国企業による上海市場への上場を来年承認する可能性 があるとの見方を示した。

CICCのグローバル株式ストラテジスト、洪灝氏はリポートで、 「今年後半に上海市場に国際板が導入される可能性があることや将来の 人民元高を理由に、われわれはA株とB株間のバリュエーション(株価 評価)格差が最終的には消えると確信している」と指摘。「B株はA株 に統合される可能性がある。そうなれば、為替差益とバリュエーション が高まり、とても素晴らしい」としている。

同氏は自身のデータを引用して、上海B株指数は上海A株指数よ り40%割安の価格で取引されていると指摘した。

--Allen Wan. With assistance from Judy Chen. Editors: Richard Frost, Reinie Booysen

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Allen Wan in Shanghai at +86-21-6104-7041 or awan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

900948@CH CICCZ@HK

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE