三井住友FG:ソニーとリース事業で提携協議-規模拡大へ

三井住友フィナンシャルグルー プはソニーとリース事業で提携を検討している。競争の厳しい同業界 で生き残るため規模拡大を目指し、傘下の三井住友ファイナンス&リ ースがソニーの全額出資リース子会社、ソニーファイナンスインター ナショナルとの提携で具体的な協議に入っている。

三井住友ファイナンス企画部の高畠靖史氏、ソニー広報担当者の 今田真実氏は、提携を検討中と述べた。ただ今田氏は、現時点で「詳 細は決まっていない」という。17日付の日本経済新聞朝刊は、三井住 友ファイナンスがソニーファイナンスが分割、設立する新会社株式の 6割超を20億円程度で取得し、子会社化する方向などと報じた。

会計制度の変更や景気低迷に伴う需要の減退などでリース業界の 再編が活発化する中、三井住友ファイナンス&リースはソニー系リー ス事業を傘下に入れて競争力の強化を図る。一方、ソニーは非中核事 業のリース事業を切り離すことで構造改革を進める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE