短期市場:翌日物0.09%が中心、準備預金積み序盤でも調達需要は限定

短期金融市場の無担保コール翌日 物は誘導目標の0.10%に対して0.09%を中心に取引されている。準備 預金の積み序盤のタイミングに当たるものの、前週に年金が払い込ま れた銀行は手元資金に余裕が生じているほか、日本銀行の潤沢な資金 供給を背景に当座預金が高水準のため調達需要は落ち着いている。

短資会社によると、朝方には地方銀行や信託銀行が0.09%で調達 を始めており、その後は大手銀行が0.085%で調達するなどやや水準 を下げての推移だ。16日の取引で翌日物の加重平均金利は前週末と同 じ0.093%となるなど、8月分の積み期間(8月16日-9月15日) の初日に当たっても取引は落ち着いていた。

日銀は午前9時20分の定例金融調節を見送った。この日の当座預 金は前日比ほぼ横ばいの17兆9000億円程度、準備預金(除くゆうち ょ銀)は1000億円増の12兆5000億円程度になる見込み。

--取材協力::持田譲二 Editors:Hidenori Yamanaka,Joji Mochida

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 赤間信行 Nobuyuki Akama +81-3-3201-8842 akam@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE