債券続伸、長期金利は7年ぶり低水準を更新-超長期債に投資家の買い

債券相場は続伸。長期金利は一時

0.92%と7年ぶり低水準を更新した。前日の米国債相場が大幅上昇し たことを受けて買いが先行したほか、投資家の超長期債の買いなどが 金利の下げ圧力となった。菅直人首相と白川方明日銀総裁が23日に会 談するとの報道を受けて追加緩和観測が強まったことも相場の支援材 料となった。

大和住銀投信投資顧問の伊藤一弥国内債券運用第2グループリー ダーは、「株価軟調や円高、米国債利回りの大幅低下を受けて買いが優 勢だった。超長期債には地方銀行、年金基金などが値上がり益を狙っ た買いが入っているようだ」と述べた。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の309回債利回 りは、前日比2.5ベーシスポイント(bp)低い0.92%で始まり、前日 に記録した2003年8月13日以来の低水準を更新した。その後は徐々 に低下幅を縮めて午後2時過ぎには前日比変わらずの0.945%まで戻 した。その後、再び買いが優勢になり、午後4時21分時点では0.5bp 低い0.94%で推移している。

超長期債が買われた。新発20年債利回りは一時5bp低い1.545%、 新発30年債利回りは4bp低い1.58%まで低下して、いずれも7年ぶ り低水準を記録した。大和住銀投信の伊藤氏は、「米国債の利回り曲線 がブル・フラット(平たん)化したことに追随した動きになっている」 と話した。

金融政策変更に敏感な中期債も高い。新発2年債利回りは

0.125%と05年9月以来の低水準を付けた。新発5年債利回りは一時

0.265%と03年6月以来の水準まで下げた。ドイツ証券の山下周チー フ金利ストラテジストは「日銀の追加緩和については、ポジティブな 話しか出てこない可能性が高い。新型オペの現行の枠組みを拡充し、 金額を積み増すか期間を延長するなどが考えられる。国債買い入れの 増額も選択肢となるだろう」と語った。

JPモルガン証券の山脇貴史チーフ債券ストラテジストは、米国 で景気減速を背景に金利が急低下した流れに追随していると説明した。 16日の米国債市場では10年債利回りが11bp低下の2.5591%程度と 09年3月以来の低水準となった。ニューヨーク連銀製造業景況指数が 予想ほど上昇しなかったことに加え、外国人投資家による米国債購入 の増加が買いを誘った。

もっとも、朝方の買いが一巡した後は売りも出た。みずほ証券の 野地慎シニアマーケットアナリストは、「米長期金利が節目の2.5%が めどと意識される中、日本の長期金利も0.9%に接近したところでは 戻り売りが出やすい」と指摘していた。朝方に前日比100円超の下げ 幅となっていた日経平均株価が午後に下げ幅を縮めたことも、債券市 場の売り材料となったもようだ。

一方、東京先物市場で中心限月9月物は小幅ながら5日続伸。前 日比22銭高の142円90銭で取引を開始した。直後に142円91銭まで 上昇し、中心限月ベースで03年6月27日以来の高値を付けた。しか しその後は、徐々に上げ幅を縮め、午後に入ると3銭安の142円65 銭に下げる場面もあった。終盤にかけて持ち直して、結局は2銭高の 142円70銭で引けた。

政府の経済対策に関心

市場では、円高阻止に向けた政府の経済対策に関心が向かってい る。17日付の日本経済新聞によると、菅首相は16日、経済閣僚に対 して円高の影響など景気の現状分析を指示するとともに、閣僚の報告 を踏まえて、円高・経済対策の検討に入る考えを明らかにした。また 菅首相と白川日銀総裁が23日に会談する見通しと、フジニュースネッ トワーク(FNN)が報じた。

大和住銀投信の伊藤氏は、首相と日銀総裁の会談について、「近い 将来の追加緩和を求められそう。ただ、早急に実行される訳ではない だろう。為替市場で円高が進んでおり、追加緩和の思惑が出やすく、 催促相場となっている」と述べた。RBS証券の西岡純子チーフエコ ノミストも、日銀は円高のみならず、デフレに対する何らかの金融緩 和策を迫られることになるとの見方を示した。

--取材協力:野原良明、菅野顕一郎、赤間信行 Editors:Hidenori Yamanaka, Hidekiyo Sakihama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE