英バークレイズ:米当局と通商法違反で和解-制裁対象国の銀行に便宜

英銀バークレイズは、米国の制裁 対象となっている国の銀行が関係する取引を手助けし、通商法に違反 したとされる問題で、2億9800万ドル(約250億円)を支払い、和解 することで米当局と合意した。

ワシントンの連邦裁判所に16日提出された訴追延期合意書によ ると、バークレイズは米政府とニューヨーク州への1億4900万ドルず つの支払いに同意した。

バークレイズは1995年3月ごろから2006年9月までの期間にキ ューバとイラン、リビア、スーダン、ミャンマーに対する米政府の金 融制裁に違反したとされる。裁判所に提出された文書によると、バー クレイズは制裁対象国の銀行の指示に従い、ニューヨーク支店や他の 金融機関にあてた支払いメッセージからそれらの銀行の名前を削除し た。

さらに複数の司法当局者によると、バークレイズは、制裁対象の 企業との関係を特定できる情報を取り除くため、支払いメッセージに 修正を加えたという。

バークレイズは2月、英財務省の制裁対象となっている人物や国 が関係する支払いをめぐって、英金融サービス機構(FSA)の調査 を受けていることを明らかにしていた。米司法省の調査については07 年に開示した。

バークレイズの広報担当ジェンマ・ウォルムズリー氏は、和解に ついてコメントを控えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE