8月16日の欧州マーケット概観:株が総じて下落、英独国債は上昇

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.2837 1.2754 ドル/円 85.36 86.20 ユーロ/円 109.57 109.92

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 255.61 +.05 +.0% 英FT100 5,276.10 +.66 +.0% 独DAX 6,110.57 +.16 +.0% 仏CAC40 3,597.60 -13.31 -.4%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .64% -.01 独国債10年物 2.33% -.06 英国債10年物 3.04% -.08

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,223.50 +9.25 +.76% 原油 北海ブレント 75.44 -.08 -.11%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は総じて下落。日本の4-6月期の実質国内総生産 (GDP)が市場予想を下回ったことから、世界的に景気回復が足踏 みしつつあるとの懸念が高まった。

アイルランド銀行やアライド・アイリッシュ銀行など金融株が値 下がり。英BPも安い。同社がメキシコ湾で進めているリリーフ井を 利用した油井遮断作業が、新たな原油漏れのリスクから中断している ことが嫌気された。

一方、スウェーデンのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)な ど小売株は上昇。同社の売上高増加が材料視された。英ケアン・エナ ジーも値上がり。英鉱業会社ベダンタ・リソーシズは、ケアン・エナ ジーのインド石油部門ケアン・インディアの株式の最大60%を買収 することで合意した。

ストックス欧州600指数は前週末比ほぼ変わらずの255.61 で終了。下落銘柄数は301、上昇銘柄数は277だった。

クレディ・スイス・アセット・マネジメントのシニアアドバイ ザー、ボブ・パーカー氏はブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーで、「株式相場が下落した後は、『テクニカルな反発はあるのだろ うか』と問い掛けざるを得ない」と指摘。「それは難しいと思う。株 式相場は良くてもボックス圏での動きになるだろう」と語った。

アイルランド銀は2.3%安、アライド・アイリッシュ銀は

4.3%下げた。BPは1.6%下落。

H&Mは4.9%上昇。ケアン・エナジーは5.3%値上がりした。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ国債相場が上昇し、10年債と30年債の利 回りが過去最低を記録した。世界景気が失速しつつあるとの懸念が膨 らみ、安全資産とされる国債需要が高まった。

独2年債利回りは1カ月余りの最低となった。日本の4-6月期 実質GDP(国内総生産)が前期比年率0.4%増と事前予想を大き く下回ったことなどに反応した。ニューヨーク連銀がこの日発表した 8月の同地区の製造業活動は予想を下回る伸びとなった。ユーロ圏域 内で最も安全とされるドイツ国債を選好する動きから、アイルランド 国債との利回り格差は拡大し、5月7日以降の最大となった。

ウニクレディト(ミュンヘン)の債券ストラテジスト、コーネ リアス・パープス氏は、「世界景気の成長見通しが悪化し、中核国の 国債相場を堅調に支えるだろう」と語った。さらに、「投資家が神経 質になっている環境では、周縁国とのスプレッド(利回り格差)が縮 小することはまず見込めない」と続けた。

独10年債利回りは一時、前週末比7ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下し2.324%を付けた。ロンドン時間午後4時 22分現在は2.33%での取引。同国債(表面利率3%、2020年7月 償還)価格は0.54ポイント上げ105.82。独30年国債利回りは過 去最低の3.035%まで下げた。

独2年債利回りは前週末比1bp低下し0.66%。一時は

0.62%まで下げ、先月5日以来の低水準となった。10年債とのスプ レッドは168bpに縮小し、2009年3月以来の最小。

◎英国債市場

英国債相場は上昇。2年債利回りは過去最低を記録した。株安に 加え、世界的な景気回復が失速しつつあるとの兆候で、比較的安全と される国債に対する需要が高まった。

10年債利回りは昨年3月以来の最低となった。17日発表される 7月の英インフレ率は低下が見込まれている。この日発表された8月 のロンドンの住宅の希望売却価格は下落した。また、日本の4-6月 期実質GDP(国内総生産)は前期比年率0.4%増と、事前予想 (2.3%増)を大きく下回る成長にとどまった。

ドイツ銀行(ロンドン)の債券ストラテジスト、モヒト・クマー ル氏は、「イングランド銀行(英中央銀行)は当面、こうした環境下 で利上げはできないだろう。日本型デフレを回避するには、慎重にな るよりは積極的に出ることのリスクを受け入れた方が賢明だ」と述べ、 「特に長期債が支えられるだろう」と続けた。

ロンドン時間午後5時7分現在、10年債利回りは前週末比10 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.03%と、昨 年3月20日以来の低水準。同国債(表面利率4.75%、2020年3 月償還)価格は0.84ポイント上げ114.175。2年債利回りは

0.673%まで低下した。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE