インド株(終了):センセックス、2週ぶり安値-リライアンス安い

インド株式相場は下落。指標の センセックス30種株価指数は2週間ぶり安値となった。リライアン ス・コミュニケーションズの4-6月(第1四半期)利益が過去最大 の落ち込みとなったことが嫌気され、同銘柄を中心に売られた。

インド2位の携帯電話サービス会社、リライアンスは2.7%安。 4-6月期利益は為替要因と競争激化に伴う値下げが響き、前年同期 比で85%減少。国内最大の風力タービンメーカー、スズロン・エナ ジーは約1年ぶりの安値を付けた。四半期損失が2倍に膨らんだこと が売り材料となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前週末比116.25ポ イント(0.6%)安の18050.78で終了。リライアンス(RCOM IN)終値は163.65ルピーと、6月2日以来の安値で引けた。スズ ロン(SUEL IN)は7.3%下げ52.35ルピー。終値ベースでは 2009年4月以来の低水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE