首相:経済情勢、為替の問題含め注意深く見たい-GDP(Update1)

菅直人首相は16日夕、今年4-6 月期の日本の実質国内総生産(GDP)が事前予想を大きく下回った ことに伴う今後の経済情勢について、「為替の問題を含めて注意深く見 ておく必要があると思っている」との認識を示した。官邸で記者団に 語った。

新たな経済対策を打ち出す可能性については、荒井聡経済財政担 当相や野田佳彦財務相など関係閣僚に「近々、それぞれの立場で今の 日本経済の状態をしっかり見た上でいろいろ報告してくれ、と言って ある。そういう中から今後のことは考えていきたいと思っている」と 述べるにとどめた。

内閣府が16日発表した四半期別国民所得統計によると、物価変動 の影響を除いた4-6月期の実質GDPは、年率換算で0.4%増、前 期比0.1%増にとどまった。ブルームバーグ・ニュースによるエコノ ミスト調査の予想中央値は、前期比が0.6%増、年率換算は2.3%増だ った。

--取材協力:伊藤辰雄 Editor: Norihiko Kosaka

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE