香港株(終了):ハンセン指数、5日ぶり反発-中国成長の恩恵期待で

香港株式相場は上昇。ハンセン指 数が5営業日ぶりに反発した。中国が4-6月(第2四半期)の国内 総生産(GDP)規模で日本を抜いて世界2位となり、香港の消費が 中国成長の恩恵を受けるとの楽観的な見方が広がった。

百貨店チェーンの新世界百貨中国(825 HK)は4.6%高。ハンセ ン指数への新規採用が決まった婦人靴販売の百麗国際(1880HK)は

2.9%高となった。香港最大の電力会社、CLPホールディングス(2 HK)は1.6%高。1-6月(上期)の利益が市場予想を上回ったこと が好感された。

不動産株は軟調。香港当局が住宅価格の過熱抑制のため、住宅ロ ーンに関する規則を厳格化し、不動産用地の供給を増やす方針を発表 したことが弱材料。香港最大の不動産開発会社、サンフンカイ・プロ パティーズ(新鴻基地産発展、16 HK)は4.1%安。サイノ・ランド(信 和置業、83 HK)は5.7%安。

ハンセン指数は前週末比40.55ポイント(0.2%)高の21112.12。 一時は最大0.9%下げた。指数を構成する43銘柄のうち、上昇が26 銘柄、下落が16銘柄、1銘柄が変わらず。ハンセン中国企業株(H株) 指数は0.7%高の11726.90。

BEAユニオン・インベストメント・マネジメントの調査マネジ ャー、スティーブ・ツェ氏は、「ハンセン指数に採用される百麗国際な ど内需関連株に関心がある」と発言。一方で「不動産銘柄については、 香港当局が不動産市場の過熱抑制姿勢を示していることから警戒して いる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE