中国株(終了):続伸、今月最大の上昇率-景気底堅さへの安心感で

中国株式相場は続伸。上海総合指 数が今月最大の上昇率となった。資源に対する中国の需要の強さが同 国景気の底堅さを浮き彫りにした。この日発表された日本の4-6月 (第2四半期)国内総生産(GDP)は規模で中国を下回り、中国が 世界2位の経済大国に浮上した。

ばら積み船運航で世界最大手、中国遠洋運輸集団(コスコ・ホー ルディングス、601919 CH)が値幅制限いっぱいの10%高。中国鉄鋼 業界が鉄鉱石輸入を再び活発化させたことを受け、海上運賃が上昇し ていることが好感された。同業の中海発展(600026 CH)も9%の値上 がり。同国の石炭生産最大手、中国神華能源(601088 CH)は5.4%高。 電力消費の増加を背景に生産を増やしたと発表したことが手掛かり。

太陽電池パネル製造部門を持つ保定天威保変電気(600550 CH) は6%高。太陽光発電装置を製造する江蘇華盛天龍光電設備(300029 CH)は7%高。代替エネルギー産業発展のための10カ年計画を政府が 準備しているとの中国証券報の報道が材料。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「中国経済が 二番底に陥る可能性は低く、軟着陸の公算が非常に大きい。これが株 価の反発を支える」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前週末比55.01ポイント(2.1%)高の2661.71と、 7月28日以来の大幅な上昇率。上海、深セン両証取のA株に連動する CSI300指数は同2.3%高の2922.08。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE