印SKS:株価が一時18%高、上場初日の取引-ムンバイ市場

【記者:Ruth David、Paresh Jatakia】

8月16日(ブルームバーグ):16日のインド株式市場では、SK Sマイクロファイナンスが上場初日の取引で一時18%上昇した。同社 は著名投資家ジョージ・ソロス氏が支援し、インドで貧困層向けの少 額融資を手掛ける。投資家らは、少額融資の世界最大の市場であるイ ンドで与信需要の高まりを期待している。

ムンバイ証券取引所で上場初日を迎えたSKSの株価は、1085ル ピー(約1992円)で寄り付き、現地時間午前9時25分(日本時間午 後零時55分)時点では1119ルピーに上昇した。同社は今月、総額163 億ルピーの新規株式公開(IPO)を実施し、IPO価格は1株985 ルピーに設定された。

米モルガン・スタンレーやゴールドマン・サックス・グループ、 フィデリティ・インベストメンツ、仏BNPパリバが運用するファン ドなどの投資家がSKS株に関心を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE