中国の国家情報センターのエコノミスト:刺激策解除を急ぐべきでない

中国は経済成長の基盤を維持するた め景気刺激策の解除を急ぐべきではない。人民日報の海外版が国家情報 センター(SIC)経済予測部の責任者、范剣平氏を引用して報じた。 同氏によれば、中国の今年10-12月の経済成長率は8-8.5%となる見 込み。成長は来年には鈍化する可能性があるが、8%超で推移する限り 容認可能な水準であると、同氏は指摘している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE