中国株(午前):続伸-代替エネルギー株上昇、政府投資増の見通しで

16日午前の中国株式相場は続伸。 上海総合指数は2営業日合計の上昇が今月に入って最大となった。 政府が代替エネルギーやヘルスケア業界への投資を増やすとの見通 しから、関連銘柄が買われた。

太陽電池パネル製造部門を持つ保定天威保変電気(600550 CH) は4月以来の高値。中国政府が来月末に代替エネルギー産業の発展 のための10年計画を導入する可能性がある、と中国証券報が伝えた ことが材料となった。ヘルスケア株は1カ月ぶりの大幅高。医薬品 の華蘭生物工程 (002007 CH)が上昇をけん引した。産金2位の中 金黄金(600489 CH)は2.8%高。インフレヘッジの投資先として注 目された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動 する上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現 在、前週末比34.14ポイント(1.3%)高の2640.84。前週末と合わ せた上昇率は7月29日以来の大きさとなっている。上海、深セン両 証取のA株に連動するCSI300指数は1.4%高の2896.20。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE