ブラジル石油庁長官:BPによる深海鉱区買収に慎重-原油流出事故で

ブラジル石油庁(ANP)のアロ ルド・リマ長官は、メキシコ湾で起きた英BPの原油流出事故を受け て、BPによるブラジルでの米デボン・エナジーの深海鉱区買収の承認 に慎重になっていることを明らかにした。

リマ長官は12日のリオデジャネイロでのインタビューで、原油流 出事故に関する情報を求めた上でBPの「技術的、財務的な」状況に基 づいて年末までに買収を承認するかどうか決定すると述べた。

リマ長官は「メキシコ湾の原油流出事故を無視することはできな い。ブラジルでの事業目標、デボンの鉱区、原油流出事故についてもっ と情報を求めている」と語った。

BPは3月にデボンからブラジル、メキシコ湾、アゼルバイジャン の資産を70億ドル(約6000億円)で買収することで合意した。これ により、BPはブラジルの沖合8鉱区、陸上2鉱区の権益を得ることに なっている。

デボンのカンポス鉱区は8150フィート(約2484メートル)の深 海域で原油流出事故を起こしたBPのマコンド油井の5000フィートよ りも深い。

デボンの広報担当者、チップ・ミンティ氏(オクラホマシティー在 勤)は問い合わせに対する電子メールで「この規模のすべての契約の評 価にはANPは慎重になっている。しかし、年末までには承認されると 予想している」と述べた。

To contact the editor responsible for this story: Dale Crofts at dcrofts@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE