米アップル幹部を起訴、情報漏えいとマネーロンダリングで-大陪審

米アップルの幹部をカリフォルニ ア州連邦大陪審が情報漏えいとマネーロンダリング(資金洗浄)の罪 で起訴したことが、裁判所の記録で明らかになった。

米紙サンノゼ・マーキュリーによれば、アップルのグローバル・ サプライ・マネジャーを務めるポール・シン・ディバイン被告は「i Phone(アイフォーン)」と「iPod(アイポッド)」の付属品 を供給する複数のアジア企業に受注契約で有利になる部外秘の情報を 流し、見返りとして100万ドル(約8600万円)余りのリベートを受け 取った。

同紙によると、ディバイン被告(37)は現在拘置中で、コメント は得られていない。弁護士選任のため、16日に裁判所への出頭を予定 している。アップルもディバイン被告を相手取って民事訴訟を起こし たという。

アップルの広報担当スティーブ・ダウリング氏は発表文で、同社 が「社内でも社外でも不誠実な行為を一切容認しない」と説明したと 同紙は伝えている。ダウリング氏にコメントを求めてメッセージを残 したが、これまでのところ返答はない。

-- Editors: Fred Strasser, David Rovella

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: William McQuillen in Washington at +1-202-624-1849 or bmcquillen@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David E. Rovella at +1-212-617-1092 or drovella@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE