米政府は国債発行で過去最低金利確保-信用市場の縮小で

最高格付けの証券を求める債券 投資家にとって米国債に代わる選択肢が乏しいことから、オバマ米大 統領は1兆4700億ドル(約127兆円)の赤字を穴埋めする先例のな い規模の国債を一段と低い金利で発行できる状況にある。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの債券ストラテ ジスト、ジェフリー・ローゼンバーグ氏によると、米国債の発行額が 今年、ネットベースで1兆2000億ドル増加する一方、社債や住宅ロ ーン担保証券(MBS)、消費者ローン関連証券の供給は同1兆3000 億ドル減少する見込み。

市場性のある米国債の残高が前年比で21%増の8兆1800億ドル に達したにもかかわらず一部の国債利回りが過去最低水準にあるのは、 こうした信用市場の縮小から説明できる。米政府が先週実施した3年 債340億ドルの入札では、最高落札利回りは0.844%と、同年限とし ては過去最低となった。

フィフス・サード・アセット・マネジメントの債券担当責任者、 ミッチェル・ステープリー氏は、「債券で一番難しい問題は、どこに 行けばいいのかという点だ」と述べ、信用市場では「夜眠れるような 質の高い債券の供給が落ち込んでいる」と指摘した。

米連邦準備制度理事会(FRB)は10日の連邦公開市場委員会 (FOMC)声明で、米経済の「回復ペースは当面、予想されていた よりも緩やかなものになる可能性が高い」と指摘した。債券保有者の 資金の行き先が比較的限られているだけに、オバマ政権は将来的に景 気刺激策が必要になった場合に資金調達を比較的容易に実行できると みられる。

調達余地

米財務省が先週、総額740億ドルの国債入札を実施した中、10 年国債利回りは14.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低 下し2.675%に達した(BGキャンター・マーケット・データ)。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスのチーフ エコノミスト、ジョン・ロンスキ氏は「連邦政府にはさらに国債を発 行する余地があるようだ」と指摘した。

BOAのローゼンバーグ氏によると、資産担保証券(ABS)の 発行は今年、クーポンの再投資を考慮したネットベースで6840億ド ル減少する。ファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)やフレディマック (米連邦住宅貸付抵当公社)などの政府支援機関が発行するMBSの 供給は3200億ドルのマイナスとなる見込み。ファニーメイやフレデ ィマックが直接発行する債券は1640億ドル、投資適格級の社債は 1320億ドル、それぞれ減少する見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE