中南米最大のラン航空、ブラジルのTAM航空の買収で合意-37億ドル

時価総額で中南米最大の航空会社、 チリのラン航空は、ブラジルのTAM航空を37億ドル(約3200億円) で買収することで合意した。

両社が13日発表した資料によると、買収は株式交換で行われ、T AM航空1株に対してラン航空0.9株を割り当てる。TAM航空の株価 は同日のブラジル市場で前日比28%高と、2004年12月以来の高い上 昇率を記録。ラン航空の株価はチリ市場で2年ぶりの大幅高となった。

欧米の航空会社は営業コスト削減と路線拡大による収入増を目指し て合併を進めており、今回の両社統合はそれに続く動きだ。世界の航空 会社は過去2年間、記録的な燃料価格上昇や、景気減速に伴う企業の出 張需要減少により打撃を受けてきた。

発表資料によれば、両社の合計売上高は85億ドル。統合により年 間で約4億ドルのコスト削減が可能になるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE