ペトロブラス4-6月:純利益1.7%増-政府の価格統制で低い伸びに

ブラジル石油公社(ペトロブラス) の4-6月(第2四半期)決算は、純利益が前年同期比1.7%増とな った。政府による価格統制を受け、世界の石油大手の中で最も低い増 益率にとどまった。

同社の13日の発表資料によれば、純利益は83億レアル(約4040 億円、1株当たり0.95レアル)。ブルームバーグがまとめたアナリス ト4人の予想平均0.89レアルを上回った。前年同期は81億6000万 レアル(同0.93レアル)だった。

ペトロブラスの増益率は、原油流出事故の影響で赤字となった英 BPを除く石油大手10社の中で最も低かった。ブラジル政府が燃料価 格に上限を設けたため、競合他社のように原油価格の上昇分を製品に 転嫁できず、精製事業の利益が圧迫された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE