ブラジル株(13日):続伸-不動産決算、航空会社の統合を好感

13日のブラジル株式市場では、 指標のボベスパ指数が続伸した。不動産会社ロッシ・レジデンシアル の純利益の倍増が示されて住宅建設株が上昇。TAM航空とチリのラ ン航空との統合発表も指数押し上げの材料となった。

ロッシは3.7%高。TAM航空は28%高となり、指数全体の上昇 をけん引した。石油会社のOGXペトロリオ・エ・ガス・パルチシパ ソンエスは2.3%高。パルナイバ盆地でガス田を発見したとの発表が 好感された。

ボベスパ指数は前日比0.5%高の66264.43。同指数構成銘柄のう ち、値上がりが33銘柄、値下がりは31銘柄。今週1週間では2.7% 下落した。通貨レアルは0.1%下げ、1ドル=1.7714レアル。

レブロン・エクイティーズ・ゲスタオ・ジ・レクルソスのパート ナー、マルセロ・メスキタ氏は「発表された決算は素晴らしい内容と は言えないが悪くもない」と指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE