コンテンツにスキップする

FCIC委員長:ウォール街と政府、デリバティブリスク見えていなかった

米議会の金融危機調査委員会 (FCIC)のフィル・アンジェリーズ委員長は、2008年の信用逼迫 (ひっぱく)を引き起こしたデリバティブ(金融派生商品)のリスクに ついて、証券会社と規制当局は分かっていなかったとの見解を示した。

同委員長は30日、FCICの公聴会の冒頭で「明瞭性が最も重要だ った時に、ウォール街とワシントンは目をつぶって飛んでいたようなも のだった」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム Akiyo Kinoshita 木下 晶代 +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE