コンテンツにスキップする

インド株(終了):上昇、石油関連株高い-四半期ベースは6期連続高

インド株式相場は上昇。政府当 局者が燃料価格の上限撤廃で石油会社の損失は半減すると発言したこ とがきっかけ。指標のセンセックス30種株価指数は四半期ベースで は、過去30年余りで最長の続伸となった。

世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズ

2.1%上昇。インド紙エコノミック・タイムズは匿名の関係者2人の 話を引用し、同社が近く米DEショーと金融サービスの合弁事業を設 立することで合意するもようだと報じた。

国営エネルギー探査会社、石油天然ガス公社(ONGC)は最高 値を記録した。インド財務省の筆頭経済顧問、カウシク・バス氏は、 燃料価格を政府統制から自由化することで小売価格も下落するだろう と語った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比166.81ポイ ント(1%)高の17700.90で終了。四半期ベースでは1979年7 -9月(第3四半期)以来で最長の6四半期連続高。リライアンス (RIL)終値は1089.85ルピー、ONGC(ONGC IN)は1.1%高 の1320.80ルピーで引けた。過去4日で11%上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE