コンテンツにスキップする

オランダの銀行:蘭・独・仏債の保有増加-周縁国の国債ほぼ変わらず

オランダの銀行は1-3月 (第1四半期)に、ユーロ圏諸国の国債の保有を増やした。同国中銀 が30日ウェブサイトに掲載したリポートで分かった。

リポートに添付されている表によれば、オランダの銀行は自国と フランス、ドイツの国債の保有を増やした。これらを含むユーロ圏全 体では、オランダの銀行が保有する国債の保有は3月末時点で1053 億ユーロと昨年12月末の817億ユーロから増加。オランダ、ドイ ツ、フランス国債の保有高はそれぞれ、113億ユーロ、61億ユーロ、 89億ユーロ増えた。

中銀はリポートで、「買い増しに加え、価格上昇で保有高が上昇 した」と説明。「ギリシャやポルトガル、スペインなど、ユーロ圏内 の周縁国の国債の保有高はほぼ横ばいだった」としている。

中銀によると、オランダの銀行が保有するギリシャ、ポルトガル、 スペイン国債はそれぞれ、約28億ユーロ、24億ユーロ、28億ユー ロだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE