コンテンツにスキップする

香港株(終了):続落、ハンセン2週ぶり安値-米消費者信頼感悪化で

香港株式相場は続落し、指標のハ ンセン指数が2週間ぶり安値で引けた。米国の消費者信頼感悪化で米 景気回復への懸念が強まり、輸出関連銘柄や海運、資源など景気敏感 株が下げた。

米ウォルマート・ストアーズなどに商品を納める香港の輸出会社、 リー・アンド・ファン(利豊、494 HK)は3.7%安。携帯電話端末の 受託生産大手の富士康国際(2038 HK)は6.9%下げた。同社が明らか にした1-6月(上期)の赤字見込みが嫌気された。産銅中国最大手 の江西銅業(358 HK)は商品相場安を受けて0.5%安。

ハンセン指数は前日比119.91ポイント(0.6%)安の20128.99 と、今月15日以来の安値。43銘柄中、下落は25銘柄、上昇は15銘 柄、3銘柄が変わらずだった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前 日比0.6%安の11466.24。

MFCグローバル・インベストメント・マネジメントで資産運用 に携わるテラス・チャム氏(香港在勤)は、「景気が弱まる兆候が見ら れることから投資家は慎重だ」と述べた。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが29日発表した6月の米 消費者信頼感指数は52.9と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト 予想以上に大幅低下した。

コンテナ船運航で中国最大手の中国遠洋運輸集団(コスコ・ホー ルディングス、1919 HK)は1.5%安。

商品相場の指標であるロイター・ジェフリーズ・CRB指数は29 日、2.8%低下と2009年8月以来の大幅な下げとなった。

アルミニウム生産で中国最大手の中国アルミ(チャルコ、2600 HK) は1.8%安。同業世界最大、ロシアのUCルサール(486 HK)は4.2% 下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE