コンテンツにスキップする

ハンガリー、11年に新たなIMF融資目指す-オルバン首相経済顧問

ハンガリーは、市場の信頼感 向上を目指し、2011年に国際通貨基金(IMF)からの「予備的 な」新規融資の獲得を目指している。オルバン首相の経済顧問であ るジョルジョ・サパーリ氏が明らかにした。

サパーリ氏はハンガリーのニュースサイト「FN」に30日に 掲載されたインタビューで、ハンガリーは08年にIMFから得た 緊急融資策の資金を利用しないと発言。同国政府は現在の取り決め を今年末まで2カ月延長することを目指しているとも語った。

FNに掲載されたインタビューによると、同氏は「予備的な融 資で市場の信頼を高めることができ、これでリスクプレミアムを引 き下げ、ハンガリーが国外市場で割安な融資を得ることが可能にな るだろう」と述べた。

ハンガリーが2年前に獲得した200億ユーロ(約2兆1700億 円)規模の救済策は10月に失効する。同国政府がこの救済策を活 用するには財政赤字を削減する必要がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE