コンテンツにスキップする

今日の国内市況:株は年初来安値・長期金利7年ぶり低水準-円高値圏

日本株相場は大幅続落し、日経平 均株価、TOPIXともに年初来安値を更新。世界的に緊縮財政に向か う中、景気が二番底に陥るリスクが警戒された。株安連鎖の動きから投 資家のリスク許容度は低下しており、電機や化学、輸送用機器、機械な ど世界景気に敏感な業種を中心に幅広く売りが出た。

日経平均株価の終値は前日比188円3銭(2%)安の9382円64 銭。TOPIXは同10.77ポイント(1.3%)安の841.42と7日続落 し、昨年11月11-19日以来の連続下落記録となった。東証1部33 業種は鉱業、石油・石炭製品を除く31業種が安い。

この日の日本株は朝方から売りが優勢、日経平均は一時223円安 の9347円と2009年12月1日以来の安値を付けた。チャート分析上 は、下値抵抗ラインとなっていた9日の直近安値9378円を下回り、昨 年11月27日に付けた9076円まで節目はなく、9000円を当面の下値 めどと見る向きも出てきた。

市場参加者が警戒を強めているのは、世界景気が二番底に陥るリス クだ。これまでは、欧州の景気悪化や新興国の成長鈍化が現実化しても 米国景気が順調に回復している限り、世界景気は米国主導で回復すると の見方が支配的だった。しかし、直近の米経済指標は予想を下回る内容 が多く、米景気は予想ほど回復していないとの懸念が広がっている。

相場の潮目を変えたのが、カナダで26、27日に開かれた20カ 国・地域(G20)首脳会議。声明では、先進国は13年までに財政赤字 を少なくとも半減する方針が示され、財政緊縮の影響による世界景気の 回復スピードの鈍化が警戒され始めた。頼みの綱の米国景気が自律回復 に入っていなければ、世界景気は二番底になりかねない。

こうした中、米民間調査機関コンファレンス・ボードが前日示した 6月の米国の消費者信頼感指数は52.9と、前月改定値の62.7から低 下。市場予想以上に悪化し、米国民が雇用情勢や景気見通しに悲観的に なっていることが示された。

投資資金はリスク資産から逃避し、29日は世界同時株安の様相。 ダウ工業株30種平均は一時300ドル以上下げ、ストックス欧州600 指数は3%安と2月4日以来で最大の下落となった。商品相場も下げ、 ニューヨーク原油先物は3%安。投資家の悲観度を映すシカゴ・オプシ ョン取引所のボラティリティ指数(VIX)は29日に34.13と、今月 7日来の水準へ急上昇している。

長期金利は連日、7年ぶり低水準

債券相場は続伸し、長期金利は一時1.075%まで低下。連日で約 7年ぶりの低水準を更新した。世界的に緊縮財政に向かう中、内外で景 気鈍化懸念が高まり、株安・債券高の動きが継続した。月末で投資家か ら保有債券の年限を長期化させる買いも入り、超長期債が高くなった。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の308回債利 回りは、前日比0.5ベーシスポイント(bp)低い1.09%で始まった。 午前10時過ぎには2bp低い1.075%まで低下。新発10年債利回りと しては03年8月15日以来の低水準を付けた。午後に入ると若干水準 を切り上げ、1.08-1.085%で推移した。

この日は月末で投資家から保有債券の年限を長期化させる買いなど も入り、超長期債が大幅高となった。20年物の118回債利回りは5bp 低い1.80%まで低下し、新発20年債として昨年1月以来の低水準を 記録した。新発30年債利回りは4.5bp低い1.87%まで低下し、約1 年4カ月ぶりに1.9%を割り込んだ。

東京先物市場で中心限月9月物は、前日比25銭高の141円72銭 で始まった。日経平均株価が下げ幅を拡大すると、買いが優勢となり、 一時31銭高の141円78銭まで上昇。中心限月ベースで約2年3カ月 ぶりの高値を更新した。その後は上値が重くなり、13銭高まで上げ幅 を縮めたが、結局は19銭高の141円66銭で引けた。

円は底堅い-米欧懸念でリスク回避

東京外国為替市場では円が底堅く推移した。半期末で新たに持ち高 を傾けにくい状況のなか、円の上昇には一服感が出ているものの、米景 気の先行き懸念や欧州の金融システム不安がくすぶるなか、リスク回避 に伴う円高圧力が残った。

ドル・円相場は前日に5月6日以来の円高値、1ドル=88円29 銭を付けたが、この日の東京市場でも88円70銭を下値に円が底堅い 展開となった。円は対ユーロでも前日に1ユーロ=109円台後半から 01年11月以来の高値(107円32銭)まで急伸。この日の東京市場で はやや売りが優勢となったが、戻りは108円54銭までとなった。

ユーロ・ドル相場は前日の海外市場で今月14日以来の水準となる 1ユーロ=1.2152ドルまでユーロ安が進行。この日の東京市場ではユ ーロの買い戻しが先行したが、戻りは1.22ドル台前半までとなった。

ブルームバーグ・データによると、ユーロは4月初めから対円で約 14%下落。対ドルでは9%超下げている。円は対ドルで約5%高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE