コンテンツにスキップする

大相撲スポンサー中止相次ぐ、名古屋場所で「なとり」も-野球賭博問題

力士や親方の野球賭博問題に揺れ る大相撲で広告スポンサーの撤退が相次いでいる。永谷園や朝日生命保 険に続いて、なとりも社会的影響の大きさから次回名古屋場所での広告 中止を決めた。さらに撤退を検討中の企業もあり、スポンサー離れの動 きが拡大する可能性がある。

さきいかなどのおつまみを製造・販売するなとりは29日、名古屋 場所の呼出着物広告を中止することを公表した。呼出人や土俵の掃除係 が着用する「なとり」の着物は大相撲の風物詩的存在。広報担当の鈴木 康雄氏は中止の理由について「処分自体の程度ではなく、世の中でどう 受け止められるかを考えた」と話した。

名古屋場所は力士や親方への処分を条件に開催が決まったが、賭博 問題のマイナスイメージを完全に払しょくするには至っていない。すで に永谷園や朝日生命は名古屋場所での広告中止を決定。森永製菓、富士 ゼロックスなどは中止するかどうか検討中としている。

1953年以来、日本相撲協会が主催する大相撲本場所の試合を中継し ているNHK広報局は名古屋場所中継について「相撲協会の決定や今後 の対応、外部有識者による調査委員会の調査結果や視聴者の意向などを 踏まえてさらに対応を検討し判断する」とコメントした。

名古屋場所以降の催しにも影響が広がり始めた。青森朝日放送は8 月予定の巡業「青森場所」を中止すると公表した。青森場所の収益は満 席だったら2500万円になっていたとしている。これを受けて日本相撲 協会の放駒巡業部長は「今回の騒動で皆様に大変ご迷惑をおけしまして 申し訳ありません。中止になったことは誠に残念です。機会がありまし たら、またよろしくお願いします」とのコメントを発表した。

--取材協力 東京 藤村奈央子 Editor : Eijiro Ueno, Keiichi Yamamura

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ: 東京 向井安奈 Anna Mukai +813-3201-2083 amukai1@bloomberg.net

小笹俊一 Shunichi Ozasa +813-3201-3624 sozasa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ: 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Chian-Wei Teo +813-3201-3623 cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE