コンテンツにスキップする

金融庁:新生銀に業務改善命令、2期連続で収益計画が未達成

金融庁は30日、公的資金の注入を 受けている新生銀行に対し、実績が収益計画を大きく下回ったとして、 業務改善命令を発動したと発表した。7月30日までに抜本的な収益改 善策を盛り込んだ計画を提出し、四半期ごとの状況報告を求めた。

新生銀(単体)の2010年3月期は476億円の最終赤字となり100 億円の黒字目標を下回った。金融庁は計画を3割以上下回ると行政処分 を発動する。1年前も赤字の同行は2期連続の未達成となり経営責任も 求められる。ただ、八城政基社長ら経営陣はすでに引責辞任した。

今回の行政処分を受けて新生銀では、「経営基盤の強化や収益力の 向上を進め、経営健全化の達成と公的資金返済に向け全力で取り組む」 などとするコメントを発表した。早期健全化法では注入行に収益計画を 含む経営健全化計画の提出を義務付けている。

--取材協力 谷口崇子 Editor:Kazu Hirano Hidekiyo Sakihama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 河元 伸吾 Shingo Kawamoto +81-3-3201-3540 skawamoto2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Philip Lagerkranser +8-52-2977-6626 lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE