コンテンツにスキップする

財政難の英国:チャールズ皇太子も倹約、交際費は半分以下にカット

英国のチャールズ皇太子は、賓客 らをもてなす交際費を半分以下に減らした。英経済がリセッション(景 気後退)に見舞われたことを受け、皇太子家も倹約に努めている。

29日に公表された皇太子の昨年度(2010年3月期末)の年次会 計報告によると、公式の接待や宴会に使われた費用は250万ポンド (約3億3400万円)と、前年度の530万ポンドから減少した。一方、 皇太子家の職員124人への支払い総額は600万ポンドで、前年度か らほぼ横ばいだった。

皇太子の収入は1720万ポンドと、前年比4.3%増加。一方、公 務に対して英政府が支払った金額は110万ポンドと49%減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE