コンテンツにスキップする

英国6月の消費者信頼感指数、6カ月ぶり低水準-GfK・NOP

英国の6月の消費者信頼感指数は、 6カ月ぶりの低水準に低下した。政府の歳出削減策に関連し、景気の 先行きに対する悲観的な見方が強まった状況を反映しているとみられ る。英調査会社GfK・NOPが調査結果を公表した。

同社が30日に電子メールで公表した発表文によると、6月の消費 者信頼感指数はマイナス19と、5月のマイナス18から低下した。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト14人の予想中央値は マイナス20だった。向こう12カ月の景気に対する楽観度を示す指数 もマイナス12と、前月のマイナス8から下がった。

GfKのマネジングディレクター、ニック・ムーン氏は「緊急予 算案の発表を前に広がった増税をめぐる観測は、消費者信頼感の改善 に何ら貢献しなかった」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE