コンテンツにスキップする

野村:中核市場債、目先見通しは「慎重に」-質への逃避反転の可能性

欧州のコア・マーケット(中核 市場)の債券相場は下落するリスクがあると野村インターナショナ ルが指摘した。ギリシャ債が指数から除外される懸念が後退したこ とに加え、投資家が低利回り資産への投資に二の足を踏んでいるこ とを理由に挙げている。

同社のニック・フィルージ氏(ロンドン在勤)率いるストラテ ジストらは、28日付リポートで「質への逃避の動きが反転する余地 が大いにあるため、コア・マーケットの目先の見通しに対してやや 慎重になっている」との見解を示した。また「債券について、より 広くネガティブな見方をしていると言っているわけではない。一部 の主要なイベントリスクが過ぎようとするなかで、利回りはこれほ ど低い水準にあり、余りにも強気になることについて一段と警戒し ている」と説明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Daniel Tilles in London at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Tilles at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net

%ANG %EUR

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE