コンテンツにスキップする

欧州各国、ストレステストで銀行の弱さ示されれば対処へ-独副財務相

ドイツのカンペーター副財務相は、 ストレステスト(健全性審査)の結果公表で銀行の脆弱(ぜいじゃく) 性が明らかになれば、欧州連合(EU)加盟の各国政府は行動を起こ すと確信していると述べた。

カンペーター副財務相は29日、ブルームバーグテレビジョンと の電話インタビューに応じ、「われわれがストレステストに期待する のは、銀行部門が安定しているという信頼感を市場に伝達することだ」 と語った。また、ストレステストは「欧州の銀行システムが現時点で いかに強固かを示す好機だ」と指摘。「弱さが指摘されれば、各国政 府がそれぞれ計画の範囲内で、政治的・経済的対応に向け必要な解決 策を見いだすと信じている」と言明した。

ギリシャについては、同国の財政再建計画が「順調に進ちょく」 しているため、債務再編の必要性はみられないと述べた。ユーロにつ いては、目先の為替レートよりも長期的な通貨の安定性が問題だとし て、ユーロは「非常に安定しており、いかなる不安定要因にも耐え得 る」との認識を示した。

同副財務相はさらに、ドイツの来年からの赤字削減計画が欧州の 成長を阻害しかねないとの批判を退け、削減は「節度と必要性のある もので、財政再建と一定の成長追求は矛盾するものではない」と指摘 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE