コンテンツにスキップする

「アレックス」でメキシコ湾の原油生産25%、ガス生産の9%停止

米政府は、熱帯性暴風雨「アレッ クス」の影響で、メキシコ湾で原油生産の約25%、天然ガス生産の9% が停止したと発表した。

米内務省の海洋エネルギー管理・規制・施行局が29日、ウェブ サイトに掲載した資料によると、エネルギー各社からの報告では、ア レックスのためにリグ(石油掘削装置)3カ所と掘削基地28カ所で 避難が行われた。日量約39万6000バレルの原油、6億立方フィー トのガスの生産が依然封鎖されている。「アレックス」はその後、ハリ ケーンに成長した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE