コンテンツにスキップする

最悪のギリシャに次ぐ中国株は「買い」-モルガンSは65%上昇見込む

今年これまでの騰落率が主要株式 市場で最悪のギリシャ株に次ぐひどさの中国株について、アジア株の トップアナリストらは、ほぼあらゆる点からみて「買い」のようだと 分析している。

中国株の指標、上海総合指数は29日の4.3%下落を含め、年初 来で26%下げ、株価収益率(PER)は18倍となった。MSCI新 興市場指数のPERとの格差がここ約10年で最も縮まった格好だ。 一方、マッコーリー・グループとブルームバーグの集計データによる と、香港に上場するiシェアーズ・FTSE/新華中国A株50イン デックス上場投資信託(ETF)の上昇を見込んで投資家が同ETF の純資産価値(NAV)に上乗せするプレミアムは、この1年9カ月 で最大となった。

米投資銀行モルガン・スタンレーや仏BNPパリバ、野村ホール ディングスは、中国が19日に示した人民元弾力化の方針がインフレ と資産バブルの抑制に寄与し、中国株は値上がりすると予想する。中 国が2005年7月に元のドル・ペッグ(連動)制を廃止した後の1年 間で、上海総合指数は62%上昇した。

米金融誌インスティチューショナル・インベスターの中国株アナ リスト番付で上位に選ばれているモルガン・スタンレーのストラテジ スト、ジェリー・ルー氏(香港在勤)は「われわれは極めて強気だ」 とした上で、「株価評価を好ましく思っている。インフレはピークを迎 えるだろう。必要なのは人民元政策の変更などのきっかけだけだ」と 分析した。同氏は来年6月までに上海総合指数が65%上昇し、4000 ポイントに達する可能性があるとみている。

--Michael Patterson in London, Chua Kong Ho in Shanghai.With assistance from Zhang Shidong, Saeromi Shin, ChenShiyin and Richard Frost. Editors: Allen Wan, Linus Chua

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Patterson in London at +44-20-7073-3102 or mpatterson10@bloomberg.net; Chua Kong Ho in Shanghai at +86-21-6104-7011 or kchua6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gavin Serkin at +44-20-7673-2467 or gserkin@bloomberg.net. Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE