コンテンツにスキップする

アジア株:続落、米消費者信頼低下を受けた世界株安の流れ引き継ぐ

30日午前のアジア株式相場は続 落。米消費者信頼感指数の悪化により、世界経済の力強さに対する懸 念が強まった。

世界最大の鉱山会社、BHPビリトンは2.5%安。米消費者信頼 感指数の低下をきっかけに、商品19銘柄で構成するロイター・ジェ フリーズCRB指数が過去10カ月で最大の下げとなったことを嫌気 した。米州での売上高が全体の25%以上を占めるトヨタ自動車やキ ヤノンは、円高で利益見通しが悪化するのに伴い、売られている。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時38分現在、前日 比1.4%安の112.38。このまま行けば、今月10日以来の安値で取引 を終了することになる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE