コンテンツにスキップする

UAEの銀行:ドバイ・ワールド融資で最大20%損失-ムーディーズ

アラブ首長国連邦(UAE)の銀 行は、政府系持ち株会社ドバイ・ワールドが発表した235億ドル(約 2兆800億円)の債務再編に関連し、同社向け融資の最大20%の損失 の発生に備える必要がある。米格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスが指摘した。

ムーディーズの銀行アナリスト、ジョン・トファリデス氏(ドバ イ在勤)は29日の電話インタビューで、融資条件の見直しによって生 じる損失は「管理可能で、債権銀行の平均として10-20%の範囲だろ う」と述べた。同氏によると、ムーディーズはドバイ・ワールドの債 務再編による銀行の自己資本の毀損(きそん)分は6-12%と見積も っている。

ドバイ沿岸に人口島群を開発したナキールを傘下に置く持ち株会社 ドバイ・ワールドは5月20日、主要債権団との間で、銀行融資144億 ドルと政府融資89億ドルの再編で合意したと発表した。同社の債務危 機は昨年、市場に動揺を与えた。合意によると、ドバイ・ワールドは5 年間で44億ドルの融資を返済し、残り100億ドルについては8年間で 返済する。いずれも市場金利を下回る水準という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE