コンテンツにスキップする

米ムーディーズの格付けをS&Pが引き下げも-金融規制改革法案で

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は同業のムーディーズの短期債務格付け「A -1」を格下げの方向で見直す「クレジットウォッチ」に指定した。

S&Pは29日の発表資料で「最近の米国の法案を受けて格付け会 社の利益率が低下し、訴訟関連コストが増加する可能性があり、ムー ディーズの事業リスクの増大が見込まれる」と説明した。

ムーディーズやS&P、フィッチ・レーティングスといった格付 け会社は、最上級格付けに指定していた証券の価格が急落したことか ら、監督当局や投資家の批判を受けている。

S&Pによると、クレジットウォッチに指定されると50%以上の 確率で格付けが変更されるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE