コンテンツにスキップする

欧州最大ヘッジファンドのハワード氏:英国からスイスに拠点移す

欧州最大のヘッジファンド、ブレ バン・ハワード・アセット・マネジメントの共同創業者、アラン・ハ ワード氏が英国からスイスのジュネーブに自身の拠点を移した。

ブレバン・ハワードが29日にロンドン証券取引所に届け出た資 料によると、ハワード氏(46)は現在、ジュネーブ在勤で引き続きブ レバン・ハワード・マスター・ファンドの運用を監督している。同社 の広報を担当するアンソニー・ペイン氏は資料の内容を確認したが、 それ以上はコメントしなかった。

英政府が高額報酬者への増税などを発表したことで、ロンドンの 金融界からはスイスに拠点を移す動きが見られる。欧州3位のヘッジ ファンド、ブルークレスト・キャピタル・マネジメントは、同社最大 のファンド2本をロンドンで担当していた約70人のトレーダーやア ナリスト向けにジュネーブにオフィスを開設した。

運用資産300億ドル(約2兆6580億円)超のブレバン・ハワー ドは、ロンドンから移るトレーダー向けにジュネーブでオフィスのス ペースを借りて確保している。同社は香港とニューヨークでも事業展 開している。

今年4月6日実施の増税で、英国の最高税率は1989年以来初め てドイツとフランスを上回った。年収15万ポンド(約2000万円) を上回る個人の所得税率は40%から50%に引き上げられた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE