コンテンツにスキップする

英国債:下落、中銀当局者発言で上げを消す-10年債利回り3.38%

英国債相場は下落。イングラン ド銀行(英中央銀行)の市場担当ディレクター、ポール・フィッシャ ー氏がインフレ持続の場合、同中銀がこうした圧力に取り組むと示唆 したことを受け、上げを消した。

フィッシャー氏のコメントは14日のもので、英中銀が29日に 公表した。同氏は「金融政策を時期尚早に引き締めるリスクについて 敏感でなくてはならない」と前置きした上で、「インフレ圧力が中期 的に高水準にとどまる公算が大きい場合、責務としてわれわれに求め られていることは明確だ」と述べた。

英財務省はこの日、銀行団を通じて30年債を80億ポンド(約 1兆700億円)売却した。

10年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇の3.38%。一時は3.31%まで下げ、昨年4月以来の低 水準となった。同国債(表面利率4.75%、2020年3月償還)価格は

0.09ポイント下げ111.23。2年債利回りは3bp上昇の0.78%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE