コンテンツにスキップする

インド株(終了):3週ぶり大幅安、ICICI銀安い-利上げ警戒で

インド株式相場は3週間ぶり大 幅安となった。政府が燃料値上げを認めたことに関連し、インド準備 銀行(中央銀行)のチャクラバルティ副総裁が政策金利はいつ引き上 げられてもおかしくないと言及したことが材料視された。

インド2位の銀行、ICICI銀行は2.5%安。発電所建設を 手掛けるジャイプラカシュ・アソシエーツは2.8%下げた。チャク ラバルティ副総裁は28日にムンバイで、7月27日開催の金融政策 会合またはそれ以前に利上げの可能性があると言及した。

インド財務省の26日発表の予測によると、ガソリンとディーゼ ル油値上げで、インフレ率はほぼ1ポイント上昇する公算がある。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

240.17ポイント(1.4%)安の17534.09と、7日以降で最大の 値下がり。前四半期末と比較するとほぼ変わらずとなっている。

ICICI銀(ICICIBC IN)の終値は848.30ルピー、ジャ イプラカシュ(JPA IN)は128.05ルピーで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE