コンテンツにスキップする

中国人民元先物:約3週ぶり大幅安-アジア経済の回復力への警戒感

中国人民元先物は29日、約3週間 ぶりの大幅安となった。中国経済の先行きに関する指標が下方に訂正 されたことに加え、日本の一部経済指標が市場予想を下回ったことで、 アジアの景気回復がけん引力を失いつつあるとの懸念が高まった。

米民間調査機関コンファレンス・ボードはこの日、中国の4月の 景気先行指数を訂正。当初の発表では、伸びは1年2カ月ぶりの大き さだったが、訂正を受けて昨年11月以来の低水準に変わった。日本の 5月の完全失業率は市場予想に反して悪化。鉱工業生産指数も市場予 想に届かず、家計支出も減少した。

ブルームバーグのデータによれば、1年物の元先物(ノンデリバ ラブル・フォワード、NDF)は香港時間午後5時41分(日本時間同 6時41分)現在、前日比0.2%安の1ドル=6.6905元と、今月4日以 来の大幅な下落率となった。現物相場は、前日比ほぼ変わらずの

6.7977元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE