コンテンツにスキップする

6月のユーロ圏景況感指数:98.7に上昇、予想外-通貨安

欧州の景況感は6月、市場予想に 反して改善した。世界の成長持ち直しとユーロ安が、域内景気回復へ の追い風となった。

欧州連合(EU)の欧州委員会が29日発表した6月のユーロ圏景 況感指数(速報値)は98.7と、5月の98.4から上昇。ブルームバー グ・ニュースがエコノミスト25人を対象にまとめた調査の中央値では、 6月は98.1への低下が見込まれていた。

世界的な回復が勢いを増す中、ユーロが対ドルで年初来15%下落 したことで、欧州製品の域外での競争力が高まった。

コメルツ銀行(フランクフルト)の上級エコノミスト、クリスト フ・ワイル氏は、「景況感指数はすでにピークを過ぎた。ユーロ圏は力 強かった4-6月(第2四半期)の後に若干勢いを失う可能性がある が、その度合いは大きくない」との見方を示した。

同時に発表された6月の消費者信頼感指数はマイナス17と、5月 のマイナス18から改善した。製造業の景況感はマイナス6で横ばい。 一方、建設業界の景況感はマイナス30と、5月のマイナス28から悪 化した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE