コンテンツにスキップする

米国債:2年債利回りが過去最低を更新-安全資産への需要高まる

2年物米国債の利回りが29日、 過去最低を更新した。米連邦準備制度理事会(FRB)が2010年中 は政策金利を過去最低の水準で維持するとの観測を背景に、安全資産 と見なされる米国債が買われた。

2年債の利回りは0.6014%に低下し、2008年12月17日に付 けた過去最低の0.6044%を下回った。

ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の 米国債戦略責任者、ウィリアム・オドネル氏は「FRBの引き締めは 一段と先送りされつつある」と指摘した。

FRB当局者らは23日、政策金利を「長期にわたり」最低水準 で維持する方針をあらためて示すとともに、欧州の債務危機が米国の 成長を損なう可能性を示唆した。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト調査の予想中央値では、来年1-3月(第1四半期) まで利上げはないと見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE