コンテンツにスキップする

ブラジル:融資の伸びがレアル高助長、競争力強化の取り組みに冷水

外国為替市場でブラジル・レア ルは5週続伸し、国際市場での輸出競争力の強化を目指す同国ルラ大 統領の取り組みを阻害している。ただ大統領自身にも一部責任がある とハーバード大学国際開発センター(CID)のハウスマン教授は指 摘する。

同教授によれば、ブラジル国立経済社会開発銀行(BNDES) による過去最大の融資は15年ぶりの高い経済成長率に寄与すると同 時に、ブラジル中央銀行に利上げを促している。政策金利は今年計

1.5ポイント引き上げられ10.25%。ルラ大統領は昨年10月、レア ル高抑制を目指し、海外投資家による株式・確定利付き証券の購入に 2%課税を導入したが、高水準の金利がブラジル債券への投資を引き 付け、レアル上昇をあおっている。

ハウスマン教授は23日の電話インタビューで、「BNDESに 融資の伸びを抑えるよう指示すべきだ」と指摘。「中銀が責任を持っ てインフレ管理に取り組んでいる一方で、BNDESは融資を拡大し ている。これは、中銀がそれだけ追加利上げを実施しなければならな いことを意味する」と語った。

先月20日以降、レアルの上昇率は5.8%と新興市場通貨で最大 となっており、28日は1ドル=1.7803レアルで取引を終えた。

格付け会社フィッチ・レーティングスは同日、昨年の世界的なリ セッション(景気後退)の中でのブラジルの「ダイナミックな成長」 と「回復力」を理由に、格付け見通しを「ステーブル(安定的)」か ら「ポジティブ(強含み)」に引き上げた。現在の格付けは投資適格 級で最も低い「BBB-」。ただ、BNDESによる融資の伸びがブ ラジルの対国内総生産(GDP)比での債務削減を遅らせている面も あり、懸念を生んでいると指摘した。

-- With assistance from Gabrielle Coppola and Fabiola Moura in New York, Maria Luiza Rabello in Brasilia and Francisco Marcelino in Sao Paulo. Editors: David Papadopoulos, Alan Mirabella

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Tal Barak Harif in New York at +1-212-617-3026 or tbarak@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Papadopoulos at +1-212-617-5105 or Papadopoulos@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE